エンタメなしでは生きてけない!!

管理人が「これは面白れぇ!!」「これは人にすすめたい!!」「これはタメになる!!」そんなエンタメ作品の紹介や、エンタメから学んだことを中心に書きつづるブログです♪

『堂本ルール』行動力をあげる?人生は暇つぶしのゲームであるという考えを身につけよう!!

僕が好きな『堂本ルール』という漫画。主人公の堂本は素晴らしい想像力と行動力で目の前の課題をクリアしていくことに長けていますが、特に面白いなと思うのは、彼は「人生は暇つぶしのゲームである」と考えているところなんですよね。

 

前にも言ったけど人生は全て

死ぬまでの暇潰しゲームだ

それがたとえ

どんなに信念があろうと

崇高な理念であろうと

真摯な愛 巨大な規模

歴史に名を残す偉業であろうとも

全ては遊びだ

引用元:『堂本ルール』第1巻 p141 著者 阿部秀司 秋田書店

 

こう言い切っちゃうほどです。でね、こういうセリフを目にすると「何がゲームだ。人生はもっとまじめに生きなきゃいけないんだよ!!」とムカッときたり、あるいは、「人生をゲームとか遊びみたいな軽いものと同じように扱うんじゃねぇ。人生とはもっと大事なものなんだよ!」と憤りを感じる人もいると思うんですよ。

 

もちろん、真面目に人生を生きることは素晴らしいし、人生を大事に生きるって考えも素晴らしいと思うんですよ。僕も人の人生を馬鹿にすることはないですしね。むしろなんも知らずに他人の人生を馬鹿にするような想像力がない人とは距離を置きたいぐらいだと思ってはいます。

 

ただね、その一方で堂本のように「人生は暇つぶしのゲームである」という考えってバカに出来ないなーと。堂本のように身軽に行動したい人にとって、すごく参考になる考え方なんじゃないかなとも思うわけです。

 

人生は暇つぶしのゲームぐらいに捉えると行動しやすくなる!!

じゃあ、何で「人生は暇つぶしのゲームである」という考えを持つと行動しやすくなるのかなって考えた時に、「ゲームはそこまで重要なものじゃないから」っていうのがあると思うんですよね。

 

ファミコンのゲームにせよ、ボードゲームにせよ「これ負けたら人生おしまいだ。」っていうことってまずないじゃないですか?まぁ、プロゲーマーとかだったら人生を左右するゲームみたいなのはあると思うけど、基本的にゲームは楽しむものだと思うわけです。なので、「じゃあこの場面だったらこれ試してみようか」とか「ここでこれやったらどういう結果になるかな?」っていうお試しがしやすいわけですね。

 

じゃあ、その一方でね「人生はゲームなんかじゃない。とても大切なものだから慎重に失敗しないようにしなければいけないんだ。」っていう考えになったらどうでしょうか?これ、わりと想像しやすいと思うんだけど、行動しにくくありません?

 

こっちのパターンだと人生に対して思い入れが強くなりすぎちゃって、「失敗したくない」とか「ミスしたら恥ずかしい」っていう思いが強くなりすぎちゃう気がするわけです。その結果、必要以上に慎重になってしまってなかなか行動ができなくなってしまう。

 

もちろん、「死ぬこと以外かすり傷だからなんでもやっちゃえよ」みたいなことは言いませんよ。実際死ななくてもヤバい状況なんていくらでもあるわけですから、ある程度リスクを把握しておくことは必要でしょう。

 

ただ、行動が人生を良くする、変えてくれるっていうのもまた事実です。自分の人生を大事にしすぎて何もしないっていう状況だと、あまり成長に結びつかないし、仮に今の現状に不満を抱いていたとしてもその状況が劇的に良くなるってことはないんじゃないかな?周り次第っていうのは人生を他人に預けてしまっているみたいでもったいない。自分の人生を良くしたり、面白くするためにも行動はメチャメチャ大事です。

 

だから、もし仮にこれまで「自分の人生はものすごく大事なんだ。だから失敗したくないし、慎重に慎重を重ねて行動しなきゃいけないんだ」と思いこみ過ぎて、行動ができなくなってしまっている人がいるとしたら、ここは一つ堂本の考え方を見習って

 

「人生は暇つぶしのゲームである。ゲームなんだから色々試しにやってみよう」

 

と考えてみてはいかがでしょうか?

 

「どうせ暇つぶしなんだからじゃあちょっとあれやってみるか」とか「ゲームなんだからちょっと興味あるあれにチャレンジしてみよう」ぐらいに思って行動してみる。とはいえ、いきなりでかい行動に出る必要はありません。ほんのちょっとずつでも、今までやらなかったことにチャレンジしてみるわけです。すると今の自分よりも確実に経験値はたまっていくし、見えてくる景色も違ってくるんじゃないかな?と思ってます。

 

まとめ

そんなわけで今回は『堂本ルール』行動力をあげるために人生は暇つぶしのゲームであるという考え方を身に着けるといいんじゃないか?という内容で記事を書いてみました。

 

もちろん「人生は暇つぶしのゲームなんだから」ということで、なんでもやっていいわけじゃないですよ。犯罪とかそういう行為はもちろんNG。だけど、ルールをしっかり守った上でなら「暇つぶしに何かやってみるか」ぐらいの方が身軽に動けるんじゃないかなと思います♪

 

今回僕が参考にした『堂本ルール』という漫画は、他にも主人公堂本の行動を通じて、も面白い考え方や参考になる考え方をけっこう学べるので、興味がある方はぜひご覧になってみてください♪

 

それこそ、「暇つぶしに読んでみるか」ぐらいの感覚で読むと結構楽しめると思いますよ♪

 

それでは今回はこの辺で。