エンタメなしでは生きてけない!!

管理人が「これは面白れぇ!!」「これは人にすすめたい!!」「これはタメになる!!」そんなエンタメ作品の紹介や、エンタメから学んだことを中心に書きつづるブログです♪

ロバート・デ・ニーロ主演『マイ・インターン』を観た感想を書いてみた!!

ちょろっと前にどっかで「デ・ニーロ主演のマイ・インターンっていう映画がおもしろいらしい」なんて話を聴いたのでね、さっそく観てみましたよ『マイ・インターン』

 

ブルーレイのパッケージ観てもらうとわかるように、デ・ニーロも年齢を重ねたせいか優しい感じになっててね、『タクシードライバー』とか『ゴッドファーザー』の狂気をまとったデ・ニーロはどこ行ったんだ!?なんて思いながら映画を観始めたわけですよ。

 

ところが、いざ映画を観始めてみると「このデ・ニーロもいいじゃん!」となりましてね、映画の内容もおもしろくてあっという間に見終えてしまいました。というわけで、今回はこの『マイ・インターン』という映画の魅力だったり、ここいいじゃん何て部分について書いていこうかなと思います♪

 

マイ・インターンのあらすじ、感想

あらすじ

まずは簡単なあらすじからです。主人公はデ・ニーロ演じる70歳の老人ベン。ベンは妻に先立たれ現在は一人暮らし。子供や孫はいるものの離れて暮らしているためなかなか会うことはありません。また仕事も辞めており、一日特にやることもないため、外でヨガをやったりしながら時間を埋めています。

 

そんなベンはある日街で貼り紙を発見します。そこに書かれていたのは「シニア・インターン募集」の文字。募集をしていたのはファッション通販のサイトを運営している会社です。それまで電話帳を売る会社に勤めていたベンにとっては、全く畑違いの会社でした。しかし彼はこれをいいチャンスととらえ応募することに。面接を経て無事採用されます。

 

入社後ベンは、女社長ジュールズの部下に配属されますが、彼女からは厄介者扱いされ仕事も特に与えられません。それでも、ベンは周りの若い同僚やインターンたちに対して、偉ぶることもなく丁寧に接する姿勢が好感を呼び、年齢が大きく離れた年下の同僚たちからも受け入れられます。

 

また、当初ジュールズからは距離を置かれていましたが、そんな彼女もベンの人柄に触れるうちにやがて打ち解けていくのでした。

 

年上の部下が若い上司や同僚と接するときに参考にしたい作品

先述したように、ベンがインターンで入った会社はファッションサイトを運営しており、社員は若者ばかりです。一方ベンは70歳の高齢者。当然彼らとは生まれた時代も違えば価値観も違う中で生きてきました。

 

ともすると、年上の人間というのは若い人に対して「自分の方が人生経験豊富なんだぞ」と威張ったり、自分の意見を押し付けてしまいがちですよね?もちろん、それは間違いではないのかもしれません。長年積み上げてきた経験というのは馬鹿に出来るものではないでしょう。つい、自分の方が上なんだと思いたくなるのかもしれない。

 

ただ若い人に対してそういう態度で接していたらどうなるかというと、間違いなく敬遠されてしまうわけです。自分に置き換えて考えてみてください。嫌ですよね、そんな年上の同僚って。

 

一方、本作の主人公ベンはというと、年上だからといってやたらと威張ったり、年下を見下したりとかしないんですよね。むしろ、年下の人たちといい関係を築くために自ら歩み寄っています。

 

わからないところがあれば、年下とか関係なくしっかり質問するし、ちゃんとお礼のあいさつもする。対応もとても丁寧で接しやすいし、経験豊富なので年下の同僚たちの相談にものってくれるわけです。そのため最初はベンの存在に戸惑っていた若い社員たちも、だんだん彼といい関係になっていきます。

 

また、社長のジュールズが「まばたきしない人は不気味だから嫌」みたいな発言をしたら、自宅の鏡の前でまばたきしながらあいさつの練習したりとかね。その辺いじらしいですよね(笑)

 

ベンのこの姿勢は素晴らしいなぁと。自分から積極的にいい関係を作ろうとしているし、相手が「何をされると嬉しいのか?」を考えながら行動している。僕も観ていて「あんな風に年下の人たちといい関係築けたら理想的だよな。」と思いましたもん。

 

ベンの姿は、これから年下ばかりの職場に行くことになる人とか、すでにそういう職場にいる人はぜひ参考にしてほしいですね。もちろん、いきなりは難しいかもしれないけど、彼のような紳士的かつフランクな態度で接することができたなら、きっと年下の人とたちともいい関係を築けるのではないでしょうか?

 

人生を楽しむ姿をベンの姿を見習いたい!!

そして僕は「ベンの人生を楽しもうとしているところを見習いたいよなぁ」と思いました。70歳で若者だらけの会社にインターンに行くのもそうだし、独り身でも若い人たちに交じってヨガをやってるし、作中ではとあるきっかけで出会った女性とも付き合ったりしています。

 

若くてもすでにお年寄りみたいになってて、何もチャレンジしない人もいる一方で、年をとっても若い人に負けないぐらいチャレンジしたり、人生を楽しもうとする人がいるわけです。ベンは確実に後者なんですけど、彼みたいに年をとりたいものだなぁと。

 

多分、この映画観た人は彼から刺激を受けるんじゃないかな?「ああ、こういう年のとり方いいよね」って自然になると思います。

 

もちろん、年をとればどうしてもう動きが鈍くなるし、保守的になりがちではあります。まぁ、そこはしょうがない部分もあるわけだけど、意識して「どうせなら最後まで人生楽しむかぁ」ぐらいに思いながら行動していくと、ベンほどではないにせよ、年をとっても人生を楽しめるんじゃないかな?

 

まとめ

そんなわけで、今回はロバート・デ・ニーロ主演の『マイ・インターン』という映画の感想を書いてみました。

 

年下の上司や同僚たちといい関係を築いていくベンの姿は、高齢化が進みお年寄りが若い人の下につくような時代においてはとても参考になるんじゃないかなと思います。若い同僚たちとベンとのやり取りもクスッと笑えるところがあって、「こういう関係性いいなぁ」と思わされますね。

 

また、ベンのように年をとっても人生を楽しもうとする姿に刺激を受ける人は多いと思います。

 

個人的には最後までとても楽しく、飽きずに楽しめた映画です。興味がある方はぜひご覧になってみてくださいね♪