エンタメなしでは生きてけない!!

管理人が「これは面白れぇ!!」「これは人にすすめたい!!」「これはタメになる!!」そんなエンタメ作品の紹介や、エンタメから学んだことを中心に書きつづるブログです♪

今話題の『カメラを止めるな!』を観てきたので感想を書いてみた!!

 

『カメラを止めるな!』という映画をご存知でしょうか?

 

公開当初は2館のみでの上映だったにもかかわらず、口コミで評判が広がり全国の映画館で次々に上映されることが決まった異例の作品です。ちなみに撮影にかかった予算は300万!!うーん、少ない!

 

で、僕もちょっと前からこの作品を観てみたいなぁと思ってはいたんだけど、僕の地元近辺の映画館だと上映されてなくてどうしたもんかなと思ってたんですよね。そんな時にちょうど東京の池袋に行く用事がありましてね、池袋の映画館で上映されてるっていうのを知ってたので、「こりゃ、ちょうどいいタイミングだし観に行くしかない!」と思って鑑賞したというわけです。

 

そんなわけで、今回は話題の映画『カメラを止めるな!』を観てきたので、あらすじや感想なんかを書いていきたいなぁと思います♪

 

※ネタバレありなのでよろしくお願いします。(本作はネタバレすると面白くありません。なのでこれから観に行くって人はここで閉じた方がいいです!!)

 

 

カメラを止めるな!のあらすじ、感想

あらすじ

まずはざっくりとしたあらすじから。

 

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

引用元:『カメラを止めるな!』のHPより INTRODUCTION

 

僕はそもそも、本作の情報なーんも仕入れずに行ったんですよね。せいぜい「話題になってる」ってレベルの情報しか頭になくて、どういうお話なのかも全く知らない状態でした。だから、映画が始まってしばらくは「あー、ゾンビものでちょいちょいある展開ね」って思ってしまったんですよね。はいはい、よくあるやつねみたいな感じで。

 

そしたら、物語が進むにつれて「おお、そういうことか!」ってほんといい意味で裏切られる展開が続くわけです。なので、新鮮な気持ちで本作を観たいっていう人は僕のようにあらすじすら知らないまっさらな状態で観に行った方がいいかもしれません。

 

感想

 

中盤から終盤にかけてかなり笑える!!

あらすじの部分にも書いてありますが、本作はゾンビ映画を撮影している撮影隊が、徐々にゾンビになっていくという流れを観客はずーっと観ていく形になります。で、その間ちょいちょい「あれ?なんかおかしいぞ?」っていう場面が挟まれてきます。でも、そこに関しては説明がないまま物語は進行していくので、観客は違和感を抱えたまましばらく過ごすことになります。

 

で、その違和感が中盤から後半にかけて一気に回収されていきます。

 

最初は「あー、そういうことか」とこれまでの違和感を感じていた部分についての納得感とともにクスクスとした笑いが会場に広がります。そこからさらに物語が進むにつれてだんだん「ハハハハ」と笑いのボリュームが大きくなり、最終的にはみんながゲラゲラと大声をあげて笑っていく。

 

僕は映画館とかであんまり声をあげて笑う方じゃないんだけど、本作に関しては普通に「ワハハハハ!!」と声を出して笑ってしまいましたね。僕が観た劇場はそこまで大きくないにせよ、自分も周りの人もあれだけゲラゲラと笑っている作品っていうのは記憶にないかもなぁ‥‥‥。

 

やっぱり事前情報はない方がいい!!

ここまで言っておいてなんですが、やっぱりこの映画は事前に情報を知らない方が楽しめる作品だと思います。もちろん、ネタバレありの状態でも笑えるとは思うんですよ。個人的にはもう一回映画館で観ても笑える作品だと思います。

 

でも、やっぱりなんも知らない一回目の方がインパクトは強いと思います。知らないからこそ、作中の違和感に対して「あー、そういうことか!」と納得感と、スッキリ感が持てるし、「マジで、こういうことだったの!?」という予想外の畳みこむような展開にゲラゲラと声をあげて笑ってしまう。

 

あの初回ならではの、なんも知らない状態での体験っていうのはぜひ味わってみてほしいんですよね。なので、なるべく本作の情報は仕入れないことですね。

 

最後に

ここまでなるべく本編の詳細な情報を出さないようにしつつ、感想を書いてみました。まぁ、何やかんや書いてきましたががシンプルに

 

「観てよかった!!」

 

と思えた作品です。

 

ぶっちゃけ、もう一回観に行きたいぐらいに思ってるので、個人的にはかなりツボだった作品だと思います。ほんと予想以上に面白かったです!!

 

まぁ、みんながみんな楽しめる作品かどうかは分からないけど、個人的には非常にオススメの作品です。これだけ、話題になっているのもうなずけるし、一回観ておいて損はないんじゃないかなと思ってます♪

 

興味がある方はぜひ劇場に足を運んでみてください!!

 

それでは今回はこの辺で。