エンタメなしでは生きてけない!!

管理人が「これは面白れぇ!!」「これは人にすすめたい!!」「これはタメになる!!」そんなエンタメ作品の紹介や、エンタメから学んだことを中心に書きつづるブログです♪

『ナニワ金融道』を読むと、借金することの怖さがよーくわかります!!

時々ネットなんかで、借金まみれで首が回らなくなってどうしようもなくなったみたいな人の話を見聞きすることがあります。最初は大したことがない金額だったはずがいつの間にか膨大な額となって借金をした人にのしかかる。考えただけでゾッとしてしまいますよね。

 

僕は幸いなことにまだ、借金をして生活苦とか夜逃げしましたみたいなことにはなってはいないんだけど、人生いつ何が起こるかわからないし、完全に貧乏人なので、変なとこからお金を借りることはないように気をつけなきゃなーなんて思っております。

 

そんで、今回はそんな借金に関連したマンガをご紹介。

 

今回僕がご紹介するのは『ナニワ金融道』という作品です。 結構前の作品ですが、今読んでも十分楽しめるし、役にも立つ作品だと思います。そんなわけで、今回はこの『ナニワ金融道』を読んだ感想を書いていきたいと思います♪

 

あっ、感想を書く前にざっくりとあらすじをお伝えしておきますね。この作品の主人公は灰原という青年。彼はもともと務めていた会社が倒産し、金融業を目指すようになります。そうしてたどり着いたのが、いわゆる街金である『帝国金融』という会社。灰原はここで大阪一の金融屋を目指すようになります。

 

 ナニワ金融道の感想!

お金を借りる人がなぜ失敗するのかがよくわかる。

この作品は、灰原を始め帝国金融の人たちが、何らかの理由で借金をしに来た人たちにお金を貸し、最終的には利益を得るまでの過程しっかりと描いています。その一方、なぜその人たちが借金をしたのか、どういう経緯で帝国金融でお金を借りるハメになったのかもしっかり描かれています。

 

そんで、けっこうな確率で返済に失敗して借金地獄に陥ってしまうんですよね。そんで、そういう人たちに共通するのが

  

「みんな深く考えてない!!」

 

っていうこと。あんま考えずにパッとお金を借りてしまう。これが一番大きな原因なんじゃないかな?

 

もちろん中には事業をどうにかしたいけど、銀行からは融資してもらえないみたいなやむを得ない理由で、帝国金融から借りるってパターンもありはします。でも大抵の場合「ちょっとお金足りないからとりあえず街金利用して間に合わそ」ぐらいのレベルでお金を借りちゃうんですよねー。計画性がまぁないんだ。みんなこんなもん余裕で返せるでしょぐらいに思ってる。でも実は返す当てなんて大してなくて、変な商売に手を出したり、変な金の使い方して、借金がどんどん膨らんでしまいには借金の担保にしてた不動産とか、株みたいな財産ぜーんぶ差し押さえられちゃうわけです。いやぁ、もうちょい冷静に考えようよ。軽すぎるわ!!

 

ナニワ金融道を読んで反面教師にしよう!!

借金で追い込まれてどうにもならなくなった人っていうのは、相当大変です。本作でもお金を返せなくなって夜逃げしたり、風俗の仕事につかされたりと、けっこう「うわぁぁぁぁ、マジか‥‥‥。」って思わされるようなシーンがガンガン出てきます。まぁ、ちょっと気持ちが落ちてるときとか、メンタルやられてるときは読まない方がいいかもしれない。へこみます。

 

ただ、これはある意味ショック療法というか反面教師になるとも思うんですよね。本作中に借金でどうにもならなくなった人たちっていうのケースみてると、必ずしも最初から絶望的だったというわけじゃないし、そもそも帝国金融から借金をしなければ傷口が浅くて済んだケースっていうのもいっぱいあるわけです。

 

そういう人たちのケースを見て「どこで失敗したのか?」「どうすれば彼らは借金地獄に陥らずに済んだのか?」っていうのを学んでおくと、単なる娯楽だけじゃなくて、自分の人生においても役に立つ気がしますねー。まぁ、もちろん単に漫画作品として楽しんでもいいんだけど、この作品は割と現実でもありそうなお金の失敗の話が多いから、参考になるというか、これで「安易に借金なんてしないようにしよう」と思えればいいんじゃないかな?

 

僕はこの本読んで、これまで以上に軽い気持ちでお金を借りないようにしようと思いましたもん。そう思わせてくれるリアルな感じがこの作品にはあります。まぁ、絵は好き嫌い別れると思うけど(笑)

 

まとめ

そんなわけで、今回は『ナニワ金融道』を読んだ感想を中心に書いてみました。これとあとは『闇金ウシジマくん』を読めばまぁ、借金なんてしたくなくなりますね。

 

参考記事:闇金ウシジマくん。社会の裏側をリアルに描いた心にずっしりと残る漫画。 - エンタメなしでは生きてけない!!

 

まぁ、先述したようにちなみに、メンタル的に落ち込んでるときにはおススメできない作品ですね。なんかゲンナリしちゃいますから。

 

あ、ちなみにゲンナリ感で言ったら闇金ウシジマくんの方がより上ですね。借金で堕ちていく人たちの悲惨な堕ちっぷりっていうのがリアルすぎて、マジでメンタルやられそうになります。もう生活が破たんしていく感じとか、誰かの人生そのまんま書いてるんじゃないか?ぐらいにリアルなので読んでてへこまされます。

 

なので、個人的に好きなので紹介させてもらいましたが、ナニワ金融道と、闇金ウシジマくんはメンタル弱い人は見ない方がいいでしょう。たぶんネガティブな気持ちを引きずっちゃうので。

 

まぁ、そしたら紹介なんてすんなよって話なんだけど、先述したように軽々しく借金をしないっていうことだったり、お金を借りた人たちがどこで失敗するのかがよくわかるので、めちゃくちゃ学びになるし、役にも立つんですよね。だから、まぁそういう点ではオススメですってことを言っておきます。

 

それでは今回はこの辺で。