エンタメなしでは生きてけない!!

管理人が「これは面白れぇ!!」「これは人にすすめたい!!」「これはタメになる!!」そんなエンタメ作品の紹介や、エンタメから学んだことを中心に書きつづるブログです♪

楽しく投資を学べる『インベスターℤ』を紹介する!!

以前、誰かのTwitterかなんかで、「このマンガは投資を学べるからおすすめですよー♪」みたいな紹介文があって気にしていた作品があるんですよね。それがこの『インベスターZ』っていう作品。

 

 

著者は三田紀房さん。おちこぼれの高校生たちを東大に合格させるまでの顛末を描いた『ドラゴン桜』や転職について描いた『エンゼルバンク』高校野球で甲子園を目指す『砂の栄冠』など、教育からビジネス、スポーツなど幅広いジャンルの人気作を残している漫画家さんです。ドラゴン桜は実写化されて話題になった作品なので、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?

そんな三田さんが描いたこのインベスターℤ。個人的にかなり面白かったので、今回はこの『インベスターZ』という作品の魅力や、オススメする理由についてお伝えしてみようかなーと思います♪

 

そもそもの設定が面白い!!

この作品のテーマは投資です。「じゃあ、主人公は投資家なのか?」とか「舞台は投資会社なのか?」とか思うじゃないですか?でも、そんな当たり前の設定じゃないんです。じゃあ、どこが舞台なのかっていうとなんと‥‥‥

 

「学校が舞台なんです!!」

 

はっ、学校?学校なんて投資と縁遠い場所でしょ?と思う方もいるかもしれません。まぁ、普通はそうですよね。学校ってお金とか投資とかビジネスみたいなジャンルからは縁遠い世界に思いますもん。その学校を舞台に投資を学ぶ漫画!?となるはずです。ただ、そこがこの漫画のおもしろいところなんです。

 

 

この物語の主人公は財前孝史といいます。彼は中高一貫で、全国でも有数の進学校である道塾学園に成績トップで入学します。

 

道塾学園は創設者の意向によって、生徒や家族に授業料などを一切負担させないという方針をとっているんです。では、なぜ授業料を払わなくても学校を運営できるのかというと‥‥‥

 

「成績トップで入学した生徒6名のみが所属する投資部が運営資金を稼いでいる」(中学一年~高校三年生まで)

 

からなんです。そのため、成績トップで入学した財前も投資部に入ることになります。

 

しかも、運営資金がハンパじゃない!!その額なんと3000億!!いくら、成績優秀な生徒たちを揃えたとはいえ、3000億って‥‥‥。三田先生の作品はぶっ飛んだ設定のものが多いですが、本作も最初の設定から「えー?これどんな感じで物語進んでいくの?」という感じで読者の心をがっしり掴んでいきます。

 

投資だけでなく、経済や歴史なども楽しく学ぶことができる

主人公の財前は学校の成績はトップですが投資については素人です。そのため、序盤は彼が投資の初歩的な部分から学んでいくわけです。その過程で読者も財前と同じように、投資やそれに関連する知識に触れることができるわけです。

 

つまりこの漫画は「投資の素人である財前の成長物語を楽しみながら、読者も投資や、経済、歴史などの知識を自然に学べてしまう作品である。」というわけですね。財前が投資家として成長するにつれて、読者の僕達も少しずつ成長するってわけです。(財前ほどガンガン成長するのはまれ)

 

しかも、著者の三田先生はきちんと証券関係者や投資家、経営者などに取材していたうえでエピソードの中にそれらの知識を盛り込んでいるので、単なる学問としてではなく生きた知識を学ぶことができます。作中には有名な経営者の人が出てきたり、お金と歴史の話など、学校の教科書では学べないような内容が出てくるので、読んでいて「へぇ、なるほど!!」と何度も思わせてくれます。

 

まぁ、もちろんこの漫画を読んだだけで「あなたも今日からプロの投資家だ!」なんていうつもりはありませんよ。投資ってそんなに甘いもんでもないでしょう。道塾の生徒たちは着実に利益を出していますが、ただの素人の場合そうもいかないはず。この作品を読むだけで「投資ってなんかカンタンそうじゃん♪」って思うのは危険な気がします。

 

ただ「投資って何かとっつきにくいよな」って思っててなかなか足を踏み入れられない人や、「投資とか経済ってイマイチ興味持てないんだよなー。」という初心者の場合、活字の本じゃなくてこの漫画を入門書として読んでみると、ストーリーを楽しみながら自然と投資や経済に興味を持てるようになるんじゃないかなと思っています。

 

まとめ

そんなわけで、今回は三田紀房さんの『インベスターZ』の感想やオススメの部分について書いてみました。

 

投資や経済などなかなか興味を持ちにくいテーマでありながらも、設定のおもしろさや話の展開によってぐいぐいと惹きつけられるので、全話あっという間に読み追えてしまいました。個人的にはもうちょい続きが読みたいというか、続編があれば読んでみたいと思う作品です。

 

本作は「投資とか経済とか苦手だー‥‥‥。」という方こそぜひ読んでほしいです。きっと1巻読んだ後、「あれ?結構面白いかも」となり、続きを読みたくなるはず♪興味のある方はまず1巻読んでみてくださいね。

 

それでは今回はこの辺で失礼します。