エンタメなしでは生きてけない!!

管理人が「これは面白れぇ!!」「これは人にすすめたい!!」「これはタメになる!!」そんなエンタメ作品の紹介や、エンタメから学んだことを中心に書きつづるブログです♪

『正直不動産』けっこうえぐい不動産業界の裏側を学べる作品です!!

漫画の中にはビジネスや様々な業界の実情を描いた作品が多数あり、そういったものを読むと、自分が知らない知識や現実を知ることができてとても勉強になります。

 

今回僕が読んだ『正直不動産』という作品もそんな作品。この作品は、不動産の営業マンとして働く主人公の働く姿を通して、不動産業界の裏側を学べてしまうという作品です。

 

 

読んでビックリ!!不動産業界の裏側が学べる!!

なんといっても、この作品の最大の魅力は僕たち素人であれば、ほとんど知ることのできない不動産業界の裏側について知ることができるということですね。

 

法律的にはオッケーだけど、かなりグレーなことって実は沢山あるわけですが、本作では、そのグレーな部分っていうのを法律の説明なども交えながら学ぶことができます。

 

正直、読みながら「えぇ‥‥‥不動産の営業ってこんな感じなの?」ってちょっと顔引きつりましたもん。確かに法律上はOKみたいなんだけど、お客の立場からしたら「そりゃないでしょー!!」っていう契約がけっこうあるってことがわかります。

 

まぁ、フィクションということもあるし、さすがに現実の不動産業界の会社は全部が全部そういうわけじゃないとは思いますけどね。また、営業マンの中にだって誠実に働いてるって人もいるでしょう。

 

ただ、その一方で本作に登場するような、利益重視、顧客は二の次、三の次みたいな営業マンもいるんだろうなぁとも思いますね。騙すまではいかなくても、「言わなくてもいいことは黙っとこ」っていうスタンス。うーん、これ読むと不動産に関してはお客側も多少なりとも知識を入れておいた方がいいよなぁって思わされます。

 

それにしても、こんだけぶっちゃけちゃっていいの?っていうのが読んでて思うところですよ。フィクションだろうし、多少誇張した部分はあるのは当然ですが、これ、不動産業界から反発食らうんじゃないかなって勝手に心配してます(笑)

 

嘘をつけなくなった主人公の奮闘劇が面白い!!

不動産業界の裏常識として「千三つ」という言葉あるそうです。これは「千のうち三つしか本当のことは言わない」という意味で、それぐらい嘘というかグレーな部分がある業界だということです。(全部じゃないよ、そういうところもあるってこと)

 

この作品の主人公、永瀬も元々はそんなグレーな業界に染まりきっていた人物でした。つとめる不動産会社での営業成績はトップで周囲からも一目置かれてはいる。でも彼がトップの成績を取れるのは限りなくグレーな形で契約もしてしまう、言ってしまえば利益が出ればオッケーという営業スタイルなわけです。まぁ、読者側から言ってしまえば腹が立つ人物と言っていいでしょう。

 

ところがそんな永瀬にある転機が訪れるんです。それはとあることがきっかけで、

 

「嘘が付けなくなってしまうこと」

 

これまで、グレーに近い形で結果を出してきた永瀬にとってこれは一大事です。なぜならこれまでのように嘘をつく、もしくはお客にとって不利益な情報や契約を躊躇するような情報は言わないといったことが一切できなくなってしまうから。

 

嘘をつけなくなった永瀬は、今まで通りグレーな契約をすることができません。黙っていようとしても、ついつい「実は○○でして」という具合に、本音を言うようになってしまいます。嘘や情報を隠していた今までの自分とは、真逆の営業マンになってしまったわけです。

 

そのため「えー?そんな不利益になることがあるの?じゃあちょっと遠慮しておきます」という形で、契約に至らなくなるわけですね。お客や不動産のオーナーなど、関係者に対して嘘をつけない、不利益な情報は黙っていられない、正直な営業マンになってしまったがゆえに営業成績がどんどん下がっていってしまう永瀬。

 

一時は営業トップで将来も嘱望されていたにもかかわらず、一転して、上司からクビをちらつかせられるぐらいに追い込まれてしまいます。

 

そこで永瀬はこれまでの営業スタイルを一新します。嘘をつけないなら本音で営業する「正直不動産」で営業をしていこうと。

 

果たして、本音で話す営業マン永瀬は再びトップに返り咲くことができるのか?彼の奮闘劇は非常に見ごたえがあって楽しめると思います♪

 

まとめ

そんなわけで、今回は『正直不動産』という漫画を紹介してみました。

 

不動産業界の実情を、ざっくりと学べるし、「嘘が付けなくなる営業マン」という設定も面白くいいですね。とても学びになるし、今後の展開も気になる作品ということでオススメのマンガです♪興味のある方はぜひご覧になってみてください♪

 

それでは今回はこの辺で。