マンガなしでは生きてけない!!

主に管理人が「これは面白れぇ!!」「これは人にすすめたい!!」「これはタメになる!!」「この作者は知ってほしい!!」そんな作品の紹介や、マンガから学んだことを中心に書きつづるブログです♪その他にゲームや映画などのおススメについても書いていきます♪

著作権フリーでマンガのコマを使えるMangaloo(マンガルー)を紹介する。

f:id:reon5653desu:20170418213921j:plain

読者の方の中には、SNSやブログをやっている方もいるでしょう。その中には「マンガのコマ使いたいなぁ」って方もいると思うんですよね。

 

たらたらと文章を書くよりもインパクトのあるマンガの一コマをバーンって入れた方が読者の方も理解しやすいんですよね。イラストと文章が一緒に入ってるので文章だけよりも読んでもらいやすいんです。やっぱ、「文字だけ苦手だわー。」って人も結構いるし、「小説ムリだけど漫画ならいけるわー。」って人も結構いるのでね。

 

ただ、そうはいってもマンガのコマを何の許可もなしに、ブログなんかに載せるのは著作権に引っかかる恐れがあります。ネットでは結構その辺適当にやってる人もいたりしますが、本来であればマンガっていうのは勝手に載せていいものではありません。ちゃんと許可とらんと著作権法違反になる可能性がなきにしもあらず。

 

かといって、大手のサイトならともかく個人のブロガーなんかでは毎回お金を払ってマンガのコマを載せてもらうっていうのはなかなか厳しいですよね。かといって法律違反したくもないしってことで、じゃあどうすればいいのって話ですが‥‥‥。

 

Mangaloo(マンガルー)があるぞ!!

www.mangaloo.jp

 

マンガルーとは? 

 

マンガルーっていうのは、著作権をクリアしたマンガのみを扱っているサイトで、マンガルーに登録することでサイトにあるマンガのコマを自分のブログやSNSで自由に使うことができちゃうサイトなんです。

 

マンガルーでつかえるマンガは、権利クリアなコンテンツです。出版社様などのコンテンツホルダーと個別にコンテンツ利用契約を結んでお借りしております。マンガルーの機能で提供されている範囲では、ユーザーのみなさまは個別の権利関係を気にせずご利用いただけます。

引用元:マンガルー FAQ

 

なのでマンガルーにあるマンガのコマなら使う時に「著作権違反おっかねぇよー。」って怯える必要もなし!がんがんブログやTwitterを始めとしたSNSにそのコマ使っちゃいましょう!!ちなみに実際に使ってみるとこんな感じです♪

 

 

 

 

なぜかカイジのコマばかり選んでしまいましたが、もちろん他のマンガのコマを使用することも可能です♪

 

使い方は簡単です!!使いたいコマをクリックすると埋め込みコードが出てくるので、それをコピペしてブログに貼ればOKです。はてなブログならHTML編集モードに切り替えてペタッと張れば、↑のような画像が出てくるというわけです。簡単でしょ?

 

無料で簡単に使えるよ♪

マンガルーはありがたいことに無料で使えちゃいます。登録は必要ですが、それも簡単。メアドとサイト運営者の名前とマンガルーを使用したいサイト名とそのサイトのURLを入力してアカウント申請をするのみ。

 

申請がとおったら後はマンガルーのサイトにログインして、使いたいセリフが書かれたマンガの一コマを選択するだけ。もちろん著作権の心配をする必要はありません♪ガンガン使っちゃいましょう!!

 

ちょっとした注意点!!

 

これはマンガルーのサイトにも書いてると思うので、のちのち確認してほしいのですが、期間を区切って借りているとのことなので、その期間が終われば使えなくなってしまう可能性もあるということです。永遠に使えるというわけではないので、そこは注意しておきましょう!!

 

コンテンツは期間を区切ってお借りしておりますが、継続して使用できるよう権利者様と調整いたします。 貸与の打ち切りなどでコンテンツが配信停止となった場合、お知らせに記載の上、「都合によりこの画像は配信停止となっています」との文章を該当作品をつかったサイト上のコマが埋め込まれていた場所に表示します。

引用元:マンガルー FAQ

 

また、個人的な感想になりますがマンガルーで使えるマンガのタイトル自体はまだまだ少ないと思います。誰でも知っているような名作や人気作のものはほとんど使えないのがちょっと残念かなぁ。まぁ、この辺は今後サービスがうまくいくことでさらに人気作のコマも使えるようになるかもしれませんね♪

 

まとめ

今回はマンガのコマを著作権を気にせず使えるMangaloo(マンガルー)について紹介してみました♪

 

興味がある方はせひブログやSNSに取り入れて使ってみてください(^^)

 

それではまた!!