マンガなしでは生きてけない!!

主に管理人が「これは面白れぇ!!」「これは人にすすめたい!!」「これはタメになる!!」「この作者は知ってほしい!!」そんな作品の紹介や、マンガから学んだことを中心に書きつづるブログです♪その他にゲームや映画などのおススメについても書いていきます♪

ついに出た!!『HUNTER×HUNTER』34巻をさっそく読んでみたぞ!!

 「ようやく来ましたな!!HUNTER×HUNTER34巻発売、アーンド連載再開!!」

 

この時を待ちに待ったファンの方も多かったのではないでしょうか?

 

なんていったって前回の連載休止からかるーく1年以上は経過してますからね。まぁ、これまで幾度となく長期休載しているので、HUNTER×HUNTERファンからしたら「もはや1年ぐらいどってことねーよ。」というレベルなのかもしれません。ただやっぱり好きな作品が長い間見られないのは辛いっすよねー(^^;

 

まるでワンちゃんがエサを前にお預けをくらわされてしまってるようなそんな気持ち。こっちはもういまかいまかと待ちわびていたわけですが、ついにその思いが報われる時がきたというわけです。

 

そんで読んだ感想ですが、

 

「やっぱり面白れぇェェな!!」

 

お預け食らってて期待感が高まってたというのもあるけど、やっぱり期待を裏切らないよねー。ほんと富樫先生ってやっぱりすげぇななんて思いながらあっという間に読んでしまいました。読みながら「あとは休載さえなければ‥‥‥。」と何度思ったことか(笑)

 

34巻は頭脳戦がメインだった!! 

ネタバレになってしまうので、あんまり細かいとこまでは言いませんが、34巻では作中でもかなり強い部類に入るヒソカとクロロの2人がついに対決します。

 

HUNTER×HUNTERは少年ジャンプらしくバトルがガッツリある漫画なんだけど、「どっちが強いか?」っていう単純な戦いじゃなくて念能力っていう個々人が持つ能力の相性だったり、使い方っていうのが勝敗を分ける感じになってます。けっこう戦略的なバトルなんですよね。

 

なので一見ゴリゴリでパンチだけで地面にでっかい穴を空けちゃうような能力者が、見た目そんなに強そうじゃないやつに能力次第で敗けちゃうってことが起こるわけです。そこが念能力を持つ者同士のバトルの醍醐味なんだけど、まぁ今回のヒソカVSクロロはその念能力者同士のハイレベルな駆け引きが見られたバトルでした。読んでいてメチャメチャワクワクしましたね(^^)

 

ただ一点残念なことがありまして、僕の頭がワニ並みのサイズをしているためか戦闘中の能力の説明や状況を把握することが難しく‥‥‥

 

「一回読んだだけでは理解できない‥‥‥。」

 

 という事態に。なのでちょっと分からなくなるたびに何度もページを戻して「なるほど、こういうことか‥‥‥。」と確認をすることになりました。僕の頭残念!!でも、同じように一回読んだだけでは理解できなかった人も多いんじゃないだろうか?

 

それぐらい今回の念能力バトルは複雑というか頭を使う内容だったので、結構体力を奪われました‥‥‥。そんで何より思ったのが

 

「このバトルでクロロの能力を見極めながら戦うヒソカハンパねぇ‥‥‥。」

 

ってこと。クロロが能力の説明をし実際に能力を披露する中で、「この能力は一体どういう性質を持っているのか?」っていうのを把握するだけでも大変だと思うんですよ。(実際そういう読者は多かったと思う。)しかも、相手は作中でもかなり強い部類に入るクロロなわけで僕のようにのんびりベッドの上で考えている余裕などありません。油断したら即命取り、そんな状況なわけです。

 

そんな場面でクロロの攻撃をうまく回避しつつ、相手の攻撃の特徴などを理解し対策を立てて実行に移すというまぁなんとも難しいことをヒソカはやっていたわけで、改めてヒソカが単に強いだけじゃなく、非常に賢いトータルの能力が高い人物なんだなということがわかりましたね。

 

これ、多分クロロと対戦したのが主人公のゴンだったら、クロロが能力の説明をしている時点で頭が「ボンッ」って爆発しちゃって戦闘どころじゃなかっただろうな(笑)なんて思いましたね。それぐらい今回のバトルは戦略的なものだったと思いました。

 

まぁ、そういう点も含めて

 

「メッチャあちぃぃぃぃ!!!」

 

内容だったことは街が無しです。ヒソカとクロロのバトルの行方、そして暗黒大陸編も含めてまぁ、HUNTER×HUNTERファンなら買っておいて間違いなし!!(っていうか買ってるでしょ?)と思いました。

 

まぁ、そんなわけで

 

「冨樫義博素晴らしぃぃぃぃ!!!(休載さえなければ‥‥‥)」

 

というセリフで今回は締めさせていただきます(>_<)

 

HUNTER×HUNTERまだ読んだことない方も、まぁ一から集めるのは大変かもしれないので満喫で読むなりレンタルしてみるなりしてちょっと読んでみてください(^^きっと楽しめる作品だし、続きがメチャメチャ気になる作品のうちの一つなので個人的にオススメしておきます♪

 

それではまた!!